フィリピンに移住した邦人には様々な人たちが居ます。
年金で生活している人、フィリピンで事業をしている人
駐在員として仕事をしている人。
そして、ただ単に後先考えずに愛しのフィリピーナを
追いかけて暮らしている人。

どの人達も生きていくためにはお金が必要となります。
駐在員や、すでに起業している人は殆ど問題ないでしょう。
しかし、年金生活者やその他の人たちは、何かしら収入源
を作らないとある程度裕福な生活はこのフィリピンでは難しくなって
きました。



しかし、前回までに書いた通りこのフィリピンで起業して成功するのは
とても難しい。そこでフランチャイズの話を書いたわけですが、
フランチャイズ契約はそれなりに資金がいることも書きました。
しかし、少ない予算で始められるフランチャイズも数多くあります。
それは、よくモールで見かけるカート式の店舗。
これらは、日本円で数万円から数十万で始められるものが殆ど。
初期投資が少なく、しかもロイヤリティーは無い。
ただ、仕入れコストが少し割高な店舗もあります。
でも、どれでもいいわけではありません。
フィリピンで人気のある商売は、すでに候補地に出店されている
事が殆ど。しっかりと市場調査をしないといけません。

でも、フィリピン人妻やその取り巻き任せっきりだと、当たり前ですが
何の役にも立ちません。
自分がお店を開く場所の市場調査は自分で調べることが基本。
その手助けをしてもらうだけで、決して深入りさせない事。

ではどんな場所が良いのか。
それは勿論モール内。しかし敷居はとても高い。審査が何処のモール
もあり、申し込みから開業に至るまで1,2か月で出来れば早い方。
SMモールなんて、その審査は尋常ではない。
そして、SMあたりだと一か月の賃貸料が3万ペソから3.5万ペソ。
それだけの売り上げを確保しないといけないわけなので、審査は
厳しい。
では、何処に出店するか。
それは、バスターミナル周辺や教会、ジプニーのターミナル等
人が集まるテナントを探す。そのあたりだと地域にもよるが
6000ペソから10000ペソ位の賃貸料。
モールよりだいぶ安い。
そのあたりを1号店とし、あとはモール出店の為の基礎つくり
をして2号3号店を開業する。
日銭を稼ぐつもりで始めたものが、意外に儲かる商売と気づくはず。

知っている人もいると思うが、こういったサイトもある。
https://m.olx.ph/

ここは主に中古品の個人売買のサイトだが、フランチャイズの販売
も行っている。見ているだけでも面白い。

私は、ここでいろんなものを買っているが、今までトラブルはない。
是非参考にしてみてください。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村