フィリピンでは色んな投資話を持ち掛けられることがあります。
しかしそのほとんどが胡散臭いものばかり。
それはフィリピン人妻や恋人、そしてその取り巻きの家族が
持ってくるものや、上辺だけの知り合いの日本人からの話
が殆ど。
それを真に受けて、数百万円投資してしまう人が後を絶ちません。
それは、このフィリピンのビジネス環境や、投資環境を理解できていない
そして自分の妻のいう事を100%信じてしまうからでしょう。

では、フィリピンでビジネスをするにはどうすればよいのか。
まずは、日本で起業経験があるか無いかで話も変わってきます。
日本でただ単にサラリーマンとして、経営に携わったことが無ければ
まずフィリピンで起業しても失敗するでしょう。
それは、収支を正しく帳簿に記載出来ないことから始まります。
日本人が、貸借対照表を正しく理解し、それをフィリピン人に正しく
教えることが出来なければ、ただのどんぶり勘定で、直ぐに自転車操業
に陥ります。そして利益より、店主借(事業資金を個人の財布から出す)
が多くなり、破産します。
日本でも個人経営者の中には事業資金と個人資金がごちゃ混ぜに
なっている方が多く見られますが、これは望ましい事ではありません。
それではお金がどう動いたかを常に把握する必要があるからです。

日本では色んな会計ソフトがあり非常に便利ですが、フィリピンでは
手書きが殆ど。
でも手書きですることにより、よく理解できると思います。
お金の流れをつかむ勉強ができたなら、次に何に投資するか。
これは前回書いた通り、この国で比較的楽にビジネスを始めるには
フランチャイズ契約。
フランチャイズにはロイヤリティーが無いものがこの国ではほとんど
しかし販売権利が高い所がネックとなる。
その中で、比較的安い権利でフランチャイズ契約できるものも
数多くある。
捜すにはこのサイトが便利

http://www.pfa.org.ph/index.php
ここはフィリピンのフランチャイズ協会のページ。

まずは、どのような形態のビジネスを始めるのか。
場所はどうするのか。
資金はいくらまで投入できるのか。

場所の選定は、その業種で変わってくるが大きな店舗でなければ
レンタルがお勧め。
例えば、SMあたりでは1か月30000ペソで借りれる。
1日に直せば千ペソだけ。日本円なら2300円。
これでSMに出店できる。
しかし、SMの審査は結構複雑で大変。
そのフランチャイズ会社の経営理念、すべてのフランチャイズ店舗
の平均売上、店舗の写真にサイズ等・・・そして自分の預金残高
の提出。色々と書類がいる。
SMは厳しいので最初は他のモールでも良いと思う。
そこである程度経験値を積み、利益を右肩上がりに出せれば、SM
出店は楽。

ビジネスには色んなモデルがあるが、お金が有り余っている人は
jollibee ,chowkingなどに投資として始めるのもいいかも。
2年でその投資金額が回収出来る優れもの。
海外の投資家も表に出ないが、参入している。ほっといても儲かるビジネス。
フィリピン人の富裕層ももちろん投資している。

さて、現実はそんなお金用意出来ない人は私を含めおられると思います。
では、もっと安く手軽に始められるフランチャイズは何か。
次回・・・。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村