13aビザ取得が完了しました。

エージェントにお願いしてから約一か月半かかりましたが、特に
問題も無くすんなり取る事が出来ました。
img026
来年パーマネントビザに切り替えです。

自分でも取れますが、かなりの労力と嫁の協力が凄く必要になります。
その協力とは、フィリピンのシステムに精通していないとかなり大変。
ほとんどのピーナは、手続きに関して何も知らないので、余程知人や
兄弟親戚関係で、DFAやNSOに繋がりが無いと難しい。

私は、以前にも書きましたがエージェントに支払ってお願いする方法を
選びました。
ただ、そのエージェントもマニラのDFAに頻繁に出入りしていないと取得
するのに時間と労力が必要になって来る。

私の場合6月10日に弁護士との面談があったが、エージェントの計らい
いより、質問は妻へ結婚したのは何時か聞いただけでした。あとは
雑談。何と馬鹿げた事に私はその弁護士にゴルフに誘われて終了。

提出書類は、パスポート、婚姻証明、妻の出生証明、ノンクォータ移民
申請書、外国籍者のビザ申請の請願書 2×2の写真2枚 
これだけでよかった。

通常は、これに犯罪経歴証明書、医師の診断書、経済能力に関する共同
宣誓書とそれにかかわる書類の添付が必要になる。

その時と場合により色んな提出物が変わるフィリピン。
日本と比べ物にならない自分の時間を犠牲にしてトライするか、はたまた
良いエージェントにお願いしてお金で楽に取得するか。
意見が分かれる所だと思う。
ただ、フィリピンはお金で解決できるが、その使い方を間違えるとただお金だけ
取られて何時になっても事が進まない。その辺を十分注意しないと
いけない。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村