EMSを結構私は利用していますが、最近遅延が多い。

書類なら5日程度で日本からここ、pampangaまで届くのだが
書類以外の荷物だと以前とは比べ物にならないくらい遅くなった。

EMSを利用して荷物を送っている皆さんはどうだろうか?

一番長くかかったのは、私が日本にいる3月7日にバイクの盗難防止
ロックを送った。そして私が渡比してもまだ到着しない。
1か月待って、4月10日にフィリピンの郵便局に電話してみる。

すると、まだ荷物がCustomsにあるという。〈税関)
早くしてほしい事を伝えて電話を切ったが、まあこれだけではとても
動くフィリピンではないので、日本の郵便局に連絡して問い合わせを
お願いする事に。それと合わせ、私も毎日電話する作戦。

そうこうしているうちに、日本を発つ時に、ドアツードアサービスで送った
荷物が到着。これはきっかり1か月で問題なく到着。

こんな事なら、手で持ってくるかドアツードアの荷物と一緒にすればよかった
と考えるが後の祭り。

やっと動きが出たのが5月10日。そこでCustomsを出てやっとPampanga
に輸送手続き。手元に来たのは5月12日。
しかもである、なんと税金が120ペソも課税!遅いのに税金まで取られるとは。

しかし、話はここで終わらない。まだ4月30日に、日本の友人経由にて
からくり時計を送っている。
これがフィリピンに到着したのは5月2日。そこからまたCustomsに留まる事
約1か月。やっと6月1日にpanpangaに荷物到着。
そして今日、6月2日に郵便局に取りに行く。すると税金がまた発生。
今度はなんと4100ペソ!!
マニラのCostomeのオフィスに電話。壁掛け時計がなんでそんなに税金
高いのか尋ねると、答えは、全ての海外からの荷物は関税がかけられる
ように変更になり、その金額は荷物の重さと内容物で決まると・・・。
その内容物がブランドなら高くなる。ブランドの定義は海外メーカー製
ということらしい。

ドアツードアなら今はまだ何もTAXは支払わなくてもよい。EMS、すべての
国の郵便物(書類除く)は課税される。
急ぎの荷物でなかったら、ドアツードアが安上がりである。何せ、到着
日時もEMSと変わらないのだから。

こちらがフィリピン郵便局のHP
https://www.phlpost.gov.ph/index.php
ここの左にあるTrack and Traceが荷物追跡サービス。
日本からフィリピンまで日付と時間の履歴が確認できる。

フィリピン郵便局の電話番号
携帯 0923 442 7017, 0922 749 8304, 0977 137 6916
電話854 0086, 854 5257 マニラなので市外局番は(02)




にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村