フィリピンと車いじり

主にフィリピンについての情報を発信しています。また、気になった車の情報、動画も随時発信。

底抜けに明るくホスピタリティ旺盛な人々、それがフィリピンの魅力です。
物価が安くショッピング天国でもあり、安価に高級エステ体験もできます。食事も比較的日本人の口に合いますし、世界各国の料理、気軽に入ることのできるファストフード店も多くあります。
最近人気の遊びスポ ットへGO!☆アンヘレス到着時よりあなたの世界☆





昼は観光やマリンスポーツなど大忙しのフィリピン。すっかり遊び疲れて夜はおとなしく・・・してしまうのはもったいないです!


海外で購入した携帯電話やスマートホンをお得なSIMカード
で日本で使おう!

天然精油の虫よけ剤 虫よけカコーン(蚊来無) 4個セット




デング熱はいつ襲ってくるかわかりません。
デング熱はここ10年くらいの間に多くの人が感染するようになりました。
デングは熱帯しま蚊が媒体し、「マニラなどの都会で繁殖します。」
しかも昼間に活動するという厄介な蚊です。
デング熱にかかると、高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛さらに吐き気、血圧の上昇と低下などマラリヤ以上の苦しみで、死亡する場合もあります。
・回復には数週間必要です。
・体験者によると死ぬほどの苦しみだと聞きます。
・現状はデング熱に対する特別な予防ワクチンはありません。
蚊に刺されないことが唯一の予防法です。
そこでこちらの商品、火も電気も使わない!天然精油の虫よけ剤 。虫が嫌がる天然ユーカリ精油を使用。是非フィリピンに行くお供としてお持ちください。
google501e5f736c9ecc9b.html


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6116020192073333"
data-ad-slot="5476056725"
data-ad-format="auto">

2016年02月

妻の従妹のお店にいってまいりました。

従妹が毎日食べる物に困っていると聞き、昼間一緒に
買い物と食事をする事に。

勿論、タレントとして来ているので同伴です・・・。

フィリピンでは普通に合って、食事したりしているのに非常に
複雑な気分。

タレントだから諦めて、昼間同伴してからお店に行く事に。

昼間、お店の話を聞いてみると、社長が毎日怒鳴り散らしていると。
「早く電話しろ! ドリンクを飲め! 延長させろ!」

だそうで、結構滅入っていた。

asawaがさんざん愚痴を聞いてあげてました。

夜7時にお店に送り届けて、9時にasawaと一緒にいざ出撃。

お店は中箱程度。

タレントたちは・・・。まあ動物園かな。

同伴したので、フルーツ盛がテーブルに。

しかし、これを見るのが初めてと、従妹は言う。従妹も先日同伴
したが、これは出なかったようだ。

そして、店長とお話。

一通り、社交辞令的な話を済ませる。

1セット90分だったが、従妹と話しているとあっという間。

従妹が寂しがるのでひとまず延長。
お金がもったいないと思ったが、かわいそうが先に立ってしまう。

しかし、この店のママが挨拶にこない。
なので、店長を呼んで、催促してみる。ニコニコしながらママを呼びに行く。

しかし、こない。

すると従妹が、「今日は社長がまだ来ない」とポツリとasawaに話す。

皆の視線が熱い。

asawaは、従妹に仕事の仕方を伝授しまくる。

私はお店の営業状態をチェックしたいが、お客は私たち以外で2人だけ
で寂しい限り。

そのお客さんに付いているbabaeもこちらが気になるようで、視線が熱い。

唯一ママだけが避けている。

それほど酔っていないが、結構酔った振りをしてみる。

従妹にはドリンクは1杯だけ。

カラオケは3曲。

そしてお会計。

なんと7万越えの請求!!

延長一回で、ドリンクは1杯、カラオケ3曲でだ。同伴代は前払いで支払済み。

そこで店長呼びつけ、明細の説明をさせる。

なんと、笑いながら「計算間違いました」だとほざく。

喧嘩するつもりはないので、こちらもニコニコしながら「再計算よろしくね」と伝える。

しばらくして、店長が腰を低くこちらにやってきて請求を見せる。
金額は3万5千円。

なんと倍以上も吹っ掛けてやがった!

帰りは、罰としてホテルまで送迎させた。

結論は、非常に悪な店。タレントにもお客にも最悪であった。

従妹はもう来てしまったので、職務を全うしてフィリピンに帰るしかないだろう。
給料も安く、ひと月手取りで1万か2万位。

かわいそうだが、引き抜く事も出来ないのでその旨伝えて帰還。




にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

asawaの従妹の27歳の従妹の女の子から変なショートメールが来た。
内容は、「フィリピン出国して日本で働く事になりました。」

asawaと二人でどういう事だろうととにかく連絡を取ってみる事にした。

フィリピンに電話しても兄弟も知らないし、従妹たちも何も聞いてないと言う。
取りあえず、彼女の家の人達からの連絡を待つことに。
因みに、朝10時ごろフィリピンに連絡して、彼女の家族から連絡来たのはなんと
夕方5時。

相変わらずフィリピンタイム。
ようやく従妹の女の子から電話が来た。

その内容がなんともビックリ。そして呆れてしまった。

それは、フィリピンの友人の紹介で、日本で仕事をしてみないかと誘われたのが始まり。
その言葉に弱いフィリピン人。勿論話を聞きに行く。
その話の内容は、日本でモデルをしないか というもの。
普通に考えてまずありえない。ただの一般市民でモデル体型でもない。
考える事が苦手なフィリピン人。そのままプロモーターの所へ。

特に何もレッスンもないまま、書類提出。そしていきなり日本へ。

フィリピンでどんなやりとりがあったか詳しく分からないが、
フィリピンを発つまでがいように早かったらしい。

そして日本に来たのが先月の1月29日。
当たり前のようだが、そのままフィリピンパブへ直行し仕事させられる。

彼女はまんまと騙され、ジャパユキとなった。

最近のフィリピンパブはもうasawa持ちばかりだが、まだまだ探せばタレント
として入店させてる店もあるようで。ただ、そのクオリティーはどうなのだろうか。

その従妹も決してスタイルも良くなく、顔だちもそれほど綺麗でもかわいくもない。
そして年齢だって27歳。唯一未婚であるだけ。
どうもきけば皆周りもそんな感じらしい。

しかも就業が非常に厳しく、16時にお店に入って掃除をして20時オープン。
終わりは連日翌朝5時。そのあとミーティングでお店出れるのが朝8時らしい。

非常にかわいそうなくらい過酷。
給料は歩合で、ポイント制では無く売り上げ制。しかも月100万円が最低ラインらしい。
むちゃくちゃな話である。ほぼ奴隷。

本人はモデルをやるつもりで来日したが
いざ来てみると、そこはフィリピンパブ。
こんな悪徳な商売が未だにある。

今度、そのお店に行く約束をした。どんな状況なのか確認して来ようと思う。
因みに場所は群馬県太田市である。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ

<>src="http://adm.shinobi.jp/s/d313bd9b6ed344ef89a43ccdb223b1d6">