フィリピンと車いじり

主にフィリピンについての情報を発信しています。また、気になった車の情報、動画も随時発信。

底抜けに明るくホスピタリティ旺盛な人々、それがフィリピンの魅力です。
物価が安くショッピング天国でもあり、安価に高級エステ体験もできます。食事も比較的日本人の口に合いますし、世界各国の料理、気軽に入ることのできるファストフード店も多くあります。
最近人気の遊びスポ ットへGO!☆アンヘレス到着時よりあなたの世界☆





昼は観光やマリンスポーツなど大忙しのフィリピン。すっかり遊び疲れて夜はおとなしく・・・してしまうのはもったいないです!


海外で購入した携帯電話やスマートホンをお得なSIMカード
で日本で使おう!

天然精油の虫よけ剤 虫よけカコーン(蚊来無) 4個セット




デング熱はいつ襲ってくるかわかりません。
デング熱はここ10年くらいの間に多くの人が感染するようになりました。
デングは熱帯しま蚊が媒体し、「マニラなどの都会で繁殖します。」
しかも昼間に活動するという厄介な蚊です。
デング熱にかかると、高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛さらに吐き気、血圧の上昇と低下などマラリヤ以上の苦しみで、死亡する場合もあります。
・回復には数週間必要です。
・体験者によると死ぬほどの苦しみだと聞きます。
・現状はデング熱に対する特別な予防ワクチンはありません。
蚊に刺されないことが唯一の予防法です。
そこでこちらの商品、火も電気も使わない!天然精油の虫よけ剤 。虫が嫌がる天然ユーカリ精油を使用。是非フィリピンに行くお供としてお持ちください。
google501e5f736c9ecc9b.html


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6116020192073333"
data-ad-slot="5476056725"
data-ad-format="auto">

2015年05月

我々日本人でも、物の扱い方が乱雑な人がいるが、
フィリピン人は物の扱いにおいて、その扱い方が物によって
分かれるところがある。
今回は、ちよっとしたアクシデントがあったのでそれを記したいと思う。

ゴールデンウィーク前半に、サルが温泉に入る事で有名な地獄谷温泉
行ってきた。今回はその後の行程で志賀草津道路を走り、鬼押し出し
に行って帰るルートにした。
フィリピン人にとって今回の目玉は、志賀草津道路の雪の壁を走る事。
そしてサルをまじかに見る事。
上林温泉の駐車場に車を止めてそこから徒歩にて野猿公苑へ向かう。
DSC00567
山歩きなどnanayや弟は初めてなので、ちょっと遠いがここから歩いてみた。
弱音を上げる事もなく、順調に到着。
DSC00581
お決まりの写真撮りまくり。
DSC_0533
当日は暖かかったので、子ザルしか入浴していなかった。
サルとの記念撮影して、一路渋峠へ。
途中、前山スキー場で雪と戯れる。
DSC00588
勿論雪を見るのは初めて。
そんなに寒く感じなかったが、nanayは防寒着が手放せないようである。
この後、雪の壁を通ったのだが、その写真が行方不明となってしまった。
一路群馬県に向かう。
途中、道の駅、草津運動茶屋公園で昼食。
そしてここで事件発生・・。
駐車場に車を止める訳だが、私はなるべく隣にくるまが止まらない遠い場所
に止める事にしている。
それは、以前乗っていた車は、隣の車のドアの開け閉めで、エクボだらけ
になっていたから。
しかし、ゴールデンウィーク、そんな場所などないので遠い場所へ。
昼食はこんな場所なので、大したものは無い。
フィリピン人は意外にというか、焼きそばが結構食べれる。
フィリピンのもパンシットカントンがあるからね。
昼食を終え車へ。
nanayが助手席のドアを開けた瞬間、ドンと鈍い音!
やってしまった・・・。
隣の車におもいっきりヒット・・・。
と同時に、隣の車の中に、なんと人が寝ていた。
歳はだいあたい60代後半の男性。
車は古いクラウンワゴン。
兎に角、外に出て平謝り。
相手の車のドアの確認をすぐさまする。
良かった、音の割に傷一つ無かった。
そして相手の人に、謝りを入れて一緒に確認してキズ無いですよね?
と尋ねると、
なんと「まだわかんねぇ」と・・。
へ??
「まだわかんねぇ」とは??
どんなに透かして見てもどこにも傷は無いのに。
次の言葉が、「ちょっとぶつけりゃ7万かかるからな」と・・・。
やばい、これは厄介な人間に関わってしまった。
勿論こっちが悪いので、ただ平謝りではあったが、そうこうしているうちに
私の車のナンバーを控えだして、後から傷が見つかったら連絡すると・・。
意味わかりません。後から傷見つかっても、後で傷つけてイチャモンつけられても
困る訳で。
しょうがないので、こちらもちょっと強気に写真撮影する事に。
DSC00591
横から透かして見たところ。エクボは無い。
DSC00590
上から透かすが、これもエクボ無。
DSC00593
正面から撮影。
このほかにも何枚も撮影したが、くどくなるのでここには載せませんが
いずれにも傷無。
写真撮影が始まると、相手の態度ががらりと変わり、「もういいから」
「そんなに撮らなくても大丈夫だろ」
写真を撮る前とは、明らかに態度がかわりました。
私の乗っている車を見て、タカリに走ろうとしたのかもしれない。
しかし、悪いのはこちら。もし相手の車に明らかなキズがあれば、誠意を持って
対応するつもりでいた。
nanayはこのやりとりを見て、とても怖くなってしまったよう。
日本に来た時から、気を付けるよう再三話していたがやっぱりダメでした。
それからというもの、ドアは自分で開けなくなりました。
私の車というと・・。
あたった部分の塗装がほんのちょっと剥がれてしまった。
折角の楽しい旅がこれだけの事でつまらないものになるのが普通だが
そこはフィリピン人暫くすると、さっきの事などどこ吹く風。また陽気に
はしゃいでいた。
フィリピン人は携帯電話などの電子機器は割合丁寧に扱えるが、他の物
は意外と適当かもしれない。(私個人的主観です)
車内なんかの過ごしかたも良く言い聞かせないと、車の中がすぐに汚くなる。
生活習慣の違いからしょうがないと言えばそれまでだが・・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

この前フィリピンに行った時に、tatayのお姉さんの家に久しぶり
に行ってきた。
場所はDAU。高速バスでマニラからアンヘに来る時にDAUの
バスターミナルに行ったことがある方ならお分かりの場所だと思う。
結構外国人が住んでおり、また日本人と結婚されたbabaeの家族
も何件かある場所。
tatayの姉のasawaは日本で仕事をしており、また息子は豪華客船の
中でシェフをしている。といっても給料は知れているが・・。
なので、周りの家庭よりだいぶ裕福な生活を送っている。
今回訪れた主な理由は、叔母さんが糖尿病でだいぶ悪くなっているので
お見舞いを兼ねて向かった。

叔母の家の隣も娘が日本人と結婚しており、結構贅沢な暮らしをしている。
しかし、隣の家を見てみると・・・。

スナップショット- 2

庭先で昼間からレッドホースやemparadorを飲みまくっている。フィリピンでは
よく見かける光景ではあるが、いつ行ってもこんな調子。
勿論つまみも定番のテラピアから鶏肉や豚肉を使った料理が何種類かテーブル
に並ぶ。
レッドホースが1ケース約P300でエンペラドルが750mlで1本P120。
まあこれだけで済むはずがない訳で。
当然のことながら、ここにいる男たち全員定職など無。
ここまで書けばだいたい察しが付くと思うが、このお金は日本からの送金。
日本で汗水たらして働いて、自分のasawaの家族の助けにと思ってお金を
送金していると思ったら大間違いの良い例である。
この飲み会がほぼ毎日ここでは行われていると言うのだから・・・。
因みに、ここに集まっている人達は非常にフレンドリーで誰でもこの宴に誘います。
この家の周りの人に聞くと、「あの家はお金持ちだから」 「だって日本に
娘家族が居るからね」と。
怖すぎです・・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

日本に無事に到着した母と弟。フィリピンの家を出たのが朝6時。
日本へは夜9時頃到着であったが、疲れなど微塵も感じられません。
やっぱり驚くのは成田空港の歩く歩道。
弟は難なく乗る事が出来たが、母は・・・。結局後ろの人に迷惑なので
歩く歩道は諦めて歩くことに。
どうも歩調とタイミングを合わせる事が難しかったらしい。

まあなんとかイミグレーションを抜けて、空港の外に出る事が出来た。
終始二人から出る言葉は、maganda!! 
普段日本に住んでいるとあまり気にかけないことが、珍しいよう。
まずは車。母は「何故ハンドルが右についている」と。そして車が左側
を走るのがとても恐怖に最初は感じたようだ。
まあ、今現在は普通に車に乗る事が出来るが。
そして、やっぱり日本は綺麗。ゴミが落ちていないと。
これも今は当たり前ではあるが、日本のクリーンさに驚きを隠せないようだ。
知っている方も多いであろうが、フィリピンはポイ捨て天国。何処でもなんでも
ポイである。
一番不思議なのは、自分の庭先にもスナック菓子などの空き袋などをポイ
して、次の朝早くにほうきと塵取りでかたずける姿をよく見かける。
それなら最初から散らかさなければ良いのにと 何時も思う。
この事があるので、母には日本に来る前に、ポイ捨て禁止の話を説明した。
(余談ではあるが、日本の町からゴミが無くなった理由は
1964年東京オリンピックに向けて、世界中から人々がやって来るにあたり、
ゴミを無くす運動が行われた。これを機に、日本の町からポイ捨てのゴミが
激減していった。)

夜の都内を抜けて、一路我が家へと車を走らせる。
夜の首都高ということもあり、道は空いている。車の流れもそれなりに早い。
普段ジープニーかトライシクルしか乗らない母にとっては刺激が強すぎた
ようである。
どうも速い流れに乗っていると怖いようで。
私からすれば、フィリピンのいい加減な交通マナーのほうがよっぽど
怖いのだが・・。
結局、走行車線をゆっくり流すことに。
こんな事で、色んな所に行きたいと言うのだから先が思いやられてしまう。
その前に、まだまだ寒いので服を調達しなければと、次の日は服探しである。

4月初旬ではまだまだ寒い。
しかし、ジャンバーはお店から消えてなくなっている!!
そうもう春物に商品を入れ替えてある!!
大変である・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

先月の4月2日から、asawaの母と弟が日本に来ています。
もう一月以上日が経ちました。
来た時はまだまだ寒く、55年間フィリピンを出たことがない母には
非常に寒さがこたえていたようです。
弟は、もう時期21歳の若さなので、日本の気候にもすぐ慣れたようです。
DSC00494

日本に向う日、ニノイアキノ空港で撮影。
左から弟、母、息子、娘

飛行機に乗るにあたって、母は高血圧があるため出発前に何回か医師の診断を受けた。
問題無いとの医師からのお墨付きを頂きいざ日本へ。
DSC00499

成田に到着して空港で1枚。
二人ともエキサイティングです。

案の定、フィリピン人らしく写真の嵐。
行く先々で写真撮影をするので、とても大変。

二人の初飛行機の感想ですが、
母のほうが意外に落ち着いていて、飛行機が浮く瞬間も普通にしていました。
弟はというと、うるさい・・・。
離陸体勢に入り、飛行機が加速し始めてから浮き上がるまで、大変な騒ぎ。
しかし、飛行機はフィリピンエアライン。周りは殆どがフィリピン人なので恥ずかしい
気持ちは皆無。
これが他の航空機だったら、特に日本の機体だったら私は恥ずかしくてしょうがなかった
であろう。

今回2人を呼ぶにあたって、ビザの申請は意外に簡単でした。
日本から書類を送って、申請をフィリピンでしてからたったの5日で2人のビザが下りました。
日本のインバウンド誘致の強い姿勢のおかげと私は感じております。
こうして日本に来て一月余りが経ち、色んな面白い事が起きております。
また次回に珍道中を綴りたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

緑も鮮やかとなり、日本はとても良い季節の真っただ中。
私は小さいころから野山を駆け巡り、その季節の山の恵み
を頂いてきた。
そんな私がフィリピンの自然と触れ合う事ができるとは夢にも
思わなかった。

DSC00412

上下の写真はカシューナッツ。
DSC00420
上の部分はお馴染みの形で、これを乾煎りするとあのカシューナッツになる。
DSC00421
下の部分は生で食べれるらしい。
早速切ってみる。
DSC00422
中はこんな感じ。
あとは皮をむいて食べる。
その味は甘い南国のフルーツ。が、しかしその後からキョーレツな渋味が・・・。
渋柿より少しましであるが、はっきりいって食えたものでは無い。
しかし、フィリピン人は皆美味しそうに食べていた・・・。
DSC00417
バナナの木もあったが、まだ青かったので取ることは出来なかった。残念
DSC00415
これも日本では見る事が無いフルーツ。名前はチコ
芋のような柿のような、しかし柔らかい。果肉は茶色。まあそれほど食べたくは無い。
お店に並んでいるものでは無く、自然に自生している物を食べる機会が持てたことに
今回は良い体験が出来ました。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ

<>src="http://adm.shinobi.jp/s/d313bd9b6ed344ef89a43ccdb223b1d6">